« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

“ストップ地球温暖化フェスティバルinごうつ”無事に終了

 前回のブログでご案内しておりました“ストップ地球温暖化フェスティバルinごうつ”

 今回、江津市長直々の申し出で、急遽エコボイラーの展示をすることになったのですが、

好評?のうちに、無事お役目を果たすことができました。今回ご協力いただきました関係者各位、また、当社ブースにお越しいただいた方々に心より御礼申し上げます。

P9250109 P9250099

   

 

 

 当日は、数日前までのあの猛暑がまるで嘘のような肌寒さと強風で、また、昼過ぎから雨にも見舞われる悪天候のなかでしたが、今回のイベントにご来場いただいた方々に森下建設のバイオマスエコボイラーをPRできたのではないかと思っています。

 また、今回のイベントでは、石見智翠館高校吹奏楽部の感動的な演奏が聴けたり、思いもかけず以前、大変お世話になった方と再会できるなど、色々な意味で有意義な1日となりました。

  さて、いよいよ来週から11月の中旬まで、連日さまざまな予定で埋まっていますが、とにかく今この時が“踏ん張り時”“頑張り時”だと認識、覚悟しており、社長の強固な経営方針のもと、我々エコ燃焼グループ内(「企画・営業」→「設計・技術」→「管理・サポート」)の連携プレー、そして自分自身の健康管理に十分気をつけて遣り抜きたい思っています。

~追伸~

当社は11月6~7日に出雲ドームで開催される出雲産業フェア2010に

また、11月16~18日、福岡のマリンパレスで開催される環境展にも出展します。

■murata式バイオマスエコボイラーに関するお問い合わせは…                                                                 

MORISHITA環境事業部 エコ燃焼ボイラーグループ Tel:0855-92-1360

エコボイラーに関するホームページ http://morishita-co.jp/boiler/index.html

《続報》 “ストップ地球温暖化フェスティバルinごうつ”に参加

220100906142752_4 大阪で開催された“N-EXPO/KANSAI’10”の残務整理もままならぬ中、

次は、“ストップ地球温暖化フェスティバルinごうつ”への参加要請が舞い込んできた。

これは、今年 江津市が初めて取り組む環境に関するイベントで、開催趣旨は大変よく理解できるし、何と言っても、田中江津市長から直々の参加要請…

会場において、当社バイオマスボイラーの展示ならびにDVDの上映とパネル掲示…

出張中の社長に確認を得るや否や二つ返事でお引き受けすることに…

開催日は9月25日(土)午前10時から午後3時まで

場所は江津市のじばさん

お問い合わせ窓口は江津市市民生活課もしくは森下建設本社環境事業部 今田まで

詳しいことは、こちらをご覧ください。

追伸 ~ 先の環境展に関する投稿に対し、心温まるコメントをいただき、誠にありがとうございました。今回の出展で今後の営業に繋がりそうな案件が数件あり、期待していた以上の成果に驚いているところです。あとは、我が社、“設計・技術チーム”(部門)の腕の見せどころです。                                                                                                                   

■murata式バイオマスエコボイラーに関するお問い合わせは…                                                                 MORISHITA環境事業部 エコ燃焼ボイラーグループ 0855-92-1360                                                  エコボイラーに関するホームページ http://morishita-co.jp/boiler/index.html

N-EXPO/KANSAI '10が大盛況のうちに終了いたしました。

2010年9月4日(SAT)

91()から3() インテックス大阪”で開催された、N-EXPO/KANSAI'10に際し、このたび当社が企画開発したバイオマスエコボイラを展示した“山と木質バイオマスを活用する協議会”のブースへ、多数の皆様にお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。

まずは取り急ぎ、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

P9030106_4 P9030109_3 

9月に入っても、煮えたぎるような連日の猛暑が続く大阪。

そのような中にあっても、おかげさまで、予想以上の大盛況に沸き、初日から最終日まで累計300人を超える皆さまにご来場いただき、また100人近い皆さまにアンケート調査のご協力をいただきました。

(そして、何件かの導入可能性の提案ができる案件も数件あり、非常に喜んでいるところです。)

ただ今回の展示会出展にあたっては、まずもって当協議会にしても、また、この環境展の総合調整、段取り~準備等を担わさせていただいた当社にしても、かつて経験したことのない非常に大きなスケールの展示会(出展社数183社、小間数457小間、来場者3万7千人)で、企画段階から各種手続き、関係機関等との調整作業は莫大な事務調整作業で、しかも展示ボイラーを含めた各種資料の編集制作、準備段取り等が山積というか“試行錯誤”で準備を進めてきたこともあり

P9030110_3 P9030111_3

展示品の説明資料や小間装飾等にしても、不十分となった感は否めません。

また、せっかくお越しいただいたにもかかわらず、想定以上のブース周辺の混雑に取り紛れ、なにかと不行き届きの面もあったのではないかと思います。誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。もし、今回展示した製品に関して、ご不明な点がございましたら、どうぞ、何なりとご連絡ください。

P9030105_2 P9030102_3

私共も、今回の環境展出展を新たな出発点として精進し皆様にお役立ていただけるよう努力いたす所存ですので、より一層のご指導・ご支援をよろしくお願い致します。  2010年9月4日

…追伸

私事で恐縮ですが、今回の環境展出展に際しては、8月の初頭より休日返上にて準備を始めました。そして、当初から懸念していたボイラはじめ展示物の搬入・小間の装飾、関係資料の配置作業を大阪入りした8/31に、そして、9/1の環境展初日をなんとか、とにかく盛況かつ無事に終えることができ、とくに気が抜けたわけではないのですが、2日の夜半、午前3時ごろだったでしょうか…烈な喉の痛みと悪寒、そしてシャツも寝間着も“びじょびじょ”になるほどの脂汗に目が覚めてしまいました。Images_5

(その時の体温は39.4度、はっきり言って身体全体が“ブルブル、ゾクゾク”の状態でした。)

 そして、頭も朦朧とする中、2日目以降の行程を考え、結局、宿泊していた“コスモスクエア”のフロントに「熱ぽくって…具合が悪い…」と電話を入れたのです。

すると、しばらくして、その担当の方がすかさず体温計と解熱剤、そしてなんと、ペットボトルに入った“冷たい水”と“氷枕”を私の部屋まで届けてくれました。そのなんとも機転の利いた処置、対応が迅速で、火照った身体と神経を気持ちよく休めるてくれました。

(その日 午前6時ごろに測った体温は38度2分まで下がっていました。)

そして、環境展2日目だったのですが、フロントの方にホテル周辺で早朝から診察してくれる病院を教えていただき、すぐに受診、点滴を処方してもらい、約1時間遅れではあったのですが、展示場に向かうことができました。

今振り返っても、ホテルコスモスクエア国際交流センター”のフロントの方の機転の利いた処置(冷たい水と氷枕)本当に細やかで親切な対応に心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

もし、仮に大阪での仕事があった時には、少々距離があろうとも、ここを選ぼうと思うほどでした。

 

そして、最後になってしまいましたが(本来なら一番初めに記さなければならないのですが…)

私たちにとって大切な故郷である石見地域をこよなく愛し、そこで生まれる地域産品の普及PR活動を明るく楽しくまずもって元気に展開されておられる、グループ石見ブランドの白川様

そして、江津市の定住推進活動を熱い情熱と素敵な笑顔で展開されておられる小笠原建築設計事務所の中田様には、多大なご協力をいただきました。この場を借りて心より御礼申し上げます。また、本当に最後になりましたが、このたび当ブースの環境展出展に際しまして、さまざまな御支援、御協力をいただきましたすべての皆様、関係諸団体様に対し、心より深謝申し上げ御礼申し上げます

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

無料ブログはココログ